必ず借りれる金融ってどこ?安心キャッシング即日なら

必ず借りれる金融ってどこ?安心キャッシング即日なら

健全な金融機関であれば、必ず借りれる金融など存在せず、借りる前には必ず審査があり、審査の通過率は概ね70%〜90%程度となっています。
通過率は時期により異なるので安定しておらず、また職業や雇用形態・過去の利用状況なども考慮されるので、万人向けのローンはないと考えていいでしょう。
銀行よりも消費者金融のほうが借りやすいと言われていますが、これは総合的に判断した場合の話であり、銀行の中には一般的な消費者金融よりも借りやすいと言われるところもあります。

 

業界には絶対的な審査基準など存在せず、最後は金融機関の裁量によって決定されるので、必ず借りれる金融は存在しないと考えて間違いありません。
例えば、100万円を借りても楽に返済できるという方でも、申し込みしたら落とされるケースは普通にあり、その理由を金融機関に聞いても決して教えてはくれません。

 

原則として審査の合否は教えられますが、それ以外の情報に関しては一切聞くことはできないので、審査に落ちてもその理由はわかりません。
もし落ちた場合は同社で審査を受けるのは避けて、別の業者を探して審査を受けることになります。
同じ業者で2回審査を受けても、1回目以上に通過率は低くなってしまうので、まったく異なる業者に申し込みしたほうが得策だと言えます。
ここで注意したいポイントは申し込みは3社に抑えておき、もし3社目でダメだったらしばらく借り入れは控えたほうがよいことです。
3社に申し込んでダメな場合は4社目はさらに厳しくなりますし、何より審査で不可となった情報は個人信用情報機関に残され、申し込みブラックという扱いになります。
この状態になると要注意人物として扱われるため、どの業者に申し込みをしても借り入れできなくなり、審査を受ける時間・手間のムダになってしまいます。

 

3社すべてに落ちてしまう場合に考えられる理由としては、希望額が返済能力を超えている可能性があります。
融資額は返済能力の範囲内で決定され、これは総量規制による規定とはまた別のものです。
年収300万円ならば総量規制では100万円まで借り入れできますが、金融機関側が申込者に対して100万円の返済能力がないと判断すれば、50万円になることもあるでしょう。
業者が50万円の返済能力と判断した場合、その方が100万円を借りようとしても審査に通過できないのは当然のことです。
ただし、業者が審査に落ちた理由を教えてくれることはないので、借り手が予測して対策をしていくしかありません。
前回100万円を希望して落ちてしまったなら、今回は80万円にするという感じで対策をしていき、段階的に希望額は引き下げていったほうがいいでしょう。
必ず借りれる金融は存在しませんが、借りやすくするコツはあり、それは希望額を10万円に設定することです。
10万円という金額は業者側から見て非常に低リスクであり、雇用形態が不安定で勤続年数が短くても融資してもらえる可能性があります。
少ない金額の借り入れで間に合うならば、とりあえずその金額を希望額に設定して審査に通過することだけ考えましょう。
あとはコツコツと継続的に返済して実績を構築すれば、将来増額を受けられる可能性は十分にあるので、特に最初の6ヶ月間は遅延せずに期日まで返済するようにします。
増額交渉を受けるために必須となるのは信用力であり、一般的に自分から増枠交渉をする場合は増枠審査があると考えていいでしょう。
業者から増枠の話を持ちかけられた場合においては、すでに増枠を受けられる信用力がある状態だと考えてよいです。

 

いずれにせよ遅延をすると将来の新規ローン契約にも関わるので、遅延をせずに返済できるように余裕を持った借り入れをしてください。